防衛省統合幕僚監部は12日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が4~9月に緊急発進(スクランブル)した回数が561回だったと発表した。昨年同時期と同数で、半期ごとの回数の公表を始めた2003年度以降、上半期としては2番目タイの多さだった。領空侵犯はなかった。 昨年同時期と比べ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング