自民党は15日の臨時総務会で、安倍晋三首相(党総裁)直属で設けられている特別機関のうち、5機関を廃止する新体制を了承した。岸田文雄政調会長が主導する政務調査会改革に伴う措置。政策の調整機能を集約することで政調の権限を強める狙いがある。 総務会では、憲法改正推進本部長に下村博文元文部科学相、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング