写真

トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館の捜査後、現場を離れるサウジ当局者ら=16日(ゲッティ=共同)

【ワシントン共同】サウジアラビア政府を批判してきた米国在住のサウジ人著名記者がトルコで行方不明になった問題で、サウジ政府が記者を尋問中に手違いで当局者が死亡させた「事故死」との結論で幕引きを図るとの観測が米メディアで浮上している。ポンペオ米国務長官は16日、サウジの首都リヤドを訪問した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング