写真

18日、ブータンの首都ティンプーでインタビューに応じる協同党のロテ・ツェリン党首(共同)

【ティンプー共同】ヒマラヤの王国ブータンの国民議会(下院、47議席)総選挙で暫定集計の結果、政権獲得の見通しとなった協同党のロテ・ツェリン党首は18日、首都ティンプーで共同通信のインタビューに応じ「公約実現に全力を尽くす」と勝利宣言した。日本とは皇室との交流や農業振興で関係が深いとし「結び付きをより緊密にしたい」と述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング