日本、中国両政府が、中央銀行間で円と人民元を融通し合う通貨交換協定の再開に関して安倍晋三首相の訪中に合わせ、26日に予定される首脳会談で最終合意する見通しであることが20日、分かった。かつての協定の30億ドル(約3300億円)相当から約10倍の3兆円規模に拡大する方向で調整している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング