北海道函館市の南かやべ漁協は23日までに、国際合意による太平洋クロマグロ小型魚(30キロ未満)の漁獲枠を大幅に超過し、全国の漁業者の操業自粛を招いたとして、漁獲枠を消化できなかった漁業者向けの「迷惑料」1億5千万円を拠出した。 日本定置漁業協会(東京)などによると、漁協は9月25日付で同協会に全額を支払った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング