静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師の遺体が見つかった事件で、女性を車ごと連れ去り車内に監禁したとして、営利目的略取と逮捕監禁の罪に問われた住所不定、伊藤基樹被告(28)は9日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)の初公判で「間違いないです」と起訴内容を認めた。 冒頭陳述で検察側は、伊藤被告が、拉致を主導したとされる新潟県長岡市出身の男=自殺、当時(39)=から連れ去り前日に「『人さらいの仕事だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング