9日午後0時40分ごろ、札幌市厚別区のJR千歳線新札幌駅構内で信号機が線路上に倒れるトラブルがあった。JR北海道によると、人的被害はなく、復旧作業のため新千歳空港と札幌などを結ぶ列車が運休した。同社が原因を調べている。 札幌発苫小牧行き普通列車の運転士が、信号機が倒れていることに気付いた。列車の位置を特定するシステムが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング