志布志市議が高速169キロ走行 「おなか痛くて急いだ」

共同通信 / 2018年12月6日 20時38分

高速道路で乗用車を時速169キロで運転したとして、鹿児島県志布志市の久井仁貴市議(28)が道交法違反の罪で鹿児島地裁鹿屋支部に在宅起訴されていたことが6日、分かった。起訴は10月29日付。久井市議は取材に「運転中におなかが痛くなり、トイレに行きたくて急いだ。公人の立場で法律を守れず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング