母子3人死傷事故で逮捕、北海道 容疑の男、120キロ超か

共同通信 / 2018年12月11日 21時1分

北海道苫小牧市の国道交差点で9月、乗用車と軽乗用車が衝突し、軽乗用車の母子3人が死傷した事故で、苫小牧署は11日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、乗用車を運転していた同市、会社員桜庭勇太容疑者(28)を逮捕した。「かなりのスピードで走ったという自覚はある」と容疑を認めている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング