カルプレス被告に懲役10年求刑 ビットコイン消失事件で公判

共同通信 / 2018年12月12日 13時4分

仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」の巨額コイン消失事件で、業務上横領などの罪に問われた運営会社「MTGOX」(東京、民事再生手続き中)の元代表マルク・カルプレス被告(33)の公判が12日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役10年を求刑した。 検察側は論告で「個人的な興味からソフトウエア開発会社に投資をするなど、会社の資金から多額の資金を流用していた」と指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング