日立製作所が、スイスの重電プラント大手ABBから、送配電や制御などの電力システム事業を買収する方向で調整していることが12日分かった。実現すれば、買収額は8千億円規模となる見通しで、日立の企業の合併・買収(M&A)では過去最大。世界の重電市場で米ゼネラル・エレクトリック(GE)やドイツのシーメンスといったライバルに対抗する狙い。年内の合意を目指す。 ABBの電力システム事業は世界首位で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング