写真

岡山県倉敷市が運営している真備町地区の避難所「まきび荘」を片付ける市職員=13日午前

西日本豪雨を受けて岡山県倉敷市が運営している最後の避難所で13日、唯一残っていた避難者4人が自宅に戻るため退所した。市内の福祉避難所1カ所を除き、これで県内全ての避難所で暮らす被災者はいなくなった。豪雨で被害が大きかった岡山、広島、愛媛3県の避難所は、豪雨から約5カ月を経てほぼ閉鎖されることになる。 岡山県によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング