菅義偉官房長官は14日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部への土砂投入に関し「日米同盟の抑止力の維持と普天間飛行場の危険除去を考えたとき、辺野古移設が唯一の解決策だ」と改めて理解を求めた。野党は「問答無用とばかりに暴挙に出た」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と批判した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング