東名、幅寄せ停車でミラー壊す 器物損壊容疑、男逮捕

共同通信 / 2018年12月15日 12時23分

愛知県警岡崎署は15日までに、東名高速道路で幅寄せして乗用車を停止させ、ドアミラーを殴って壊したとして、器物損壊の疑いで、同県豊川市、会社員此嶋裕志容疑者(45)を逮捕、送検した。 同署によると、此嶋容疑者は「無理な車線変更をされたことが許せなかった」と容疑を認めているといい、あおり運転に当たる可能性もあるとみて調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング