【パリ共同】17日付のフランス紙フィガロは、日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者がトップにとどまる自動車大手ルノーを巡り、筆頭株主のフランス政府が後任人事の検討を始め、タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・セナール最高経営責任者(CEO)がルノー会長の有力候補となっていると報じた。 ルノーは、ゴーン容疑者の不正を認定する十分な情報がないとして、会長兼CEOからの解任を見送り、ナンバー2のティエリー・ボロレ氏がCEO代理を務めている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング