【ソウル共同】韓国の消防当局によると、韓国北東部・江陵のペンションで18日、宿泊客3人が死亡し、7人が意識不明になっているのが見つかった。一酸化炭素(CO)中毒の可能性がある。全員が11月に大学入試の共通テストを終えたばかりの高校3年生で、仲間同士で宿泊していたという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング