写真

カナダ・トロントの空港に到着したラハフ・ムハンマド・クヌンさん(中央)とカナダのフリーランド外相(右)=12日(ロイター=共同)

【ニューヨーク共同】家族の虐待などから逃れるためとして亡命を目指し、カナダが難民として受け入れを決めたサウジアラビア人女性ラハフ・ムハンマド・クヌンさん(18)が12日、カナダのトロントに到着した。AP通信が伝えた。タイから韓国経由で移動した。 フリーランド外相が空港でクヌンさんを出迎え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング