写真

W杯ジャンプ男子個人で史上最多に並ぶ6連勝を果たし、表彰式でガッツポーズする小林陵侑=バルディフィエメ(共同)

【バルディフィエメ(イタリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は12日、イタリアのバルディフィエメで個人第12戦(ヒルサイズ=HS135メートル)が行われ、年末年始のジャンプ週間で4戦4勝の完全制覇を達成した小林陵侑(土屋ホーム)が135メートル、136メートルの合計315.0点で圧勝し、史上最多に並ぶ6連勝を果たした。W杯ジャンプ男子の6連勝は5人目。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング