自民党は16日午後、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り、国防部会、安全保障調査会の合同会議を党本部で開く。日韓防衛当局がシンガポールで14日に実施した実務者協議の内容について報告を受けた後、今後の対応を議論する予定だ。 シンガポールでの実務者協議は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング