【イスタンブール共同】シリア人権監視団(英国)によると、シリア北部の要衝マンビジュで16日、自爆テロがあり、少なくとも19人が死傷した。米軍主導の有志連合の部隊が狙われたとみられ、部隊に人的被害が出たとの情報もある。過激派組織「イスラム国」(IS)が系列ニュースサイトを通じ、犯行声明を出した。 トランプ米大統領は昨年12月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング