写真

ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=16日(UPI=共同)

【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比141.57ドル高の2万4207.16ドルと昨年12月中旬以来約1カ月ぶりの高値で取引を終えた。米金融大手の四半期決算を好感し、買いが優勢となった。 ゴールドマン・サックスとバンク・オブ・アメリカが朝方発表した2018年10~12月期決算の内容が市場予想を上回り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング