米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の第18航空団は17日、F15戦闘機2機が15日に対空ミサイルの命中を防ぐために発射する火炎弾「フレア」を放出したと明らかにした。共同通信の取材に回答した。放出の理由は不明。 沖縄県北谷町の海上では15日、米軍機とみられる機体から二つの火の玉が放出される様子を地元住民が目撃し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング