写真

記者会見する中国の通信機器大手、華為技術の任正非CEO=18日、広東省深セン(共同)

【深セン共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏(74)は18日、中国政府に不適切な情報提供を要求されたら「拒絶する」と強調した。スパイ活動への関与も否定した。広東省深センで日本メディアを対象に記者会見して語った。 昨年12月にカナダ当局が米国の要請に基づいてファーウェイの孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を拘束して以降、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング