写真

インフルエンザの集団感染があった養護老人ホーム「北淡荘」=21日夜、兵庫県淡路市

兵庫県は21日、同県淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」で入所者ら74人がインフルエンザに集団感染し、うち7人が発症後に死亡したと発表した。 県洲本健康福祉事務所によると、死亡した7人のうち、70~90代の3人は「インフルエンザが直接の死因であることが否定できない」としており、4人は別の死因が考えられるという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング