ゴーン被告保釈、再び認めず 東京地裁、勾留長期化

共同通信 / 2019年1月22日 12時53分

東京地裁は22日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)側の保釈請求を却下した。理由は明らかにしていないが、証拠隠滅の恐れがあると判断したとみられる。弁護人が18日に2回目の請求をしていた。勾留はさらに長期化する。 最初の保釈請求は15日に却下され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング