【上海共同】「ウルトラマン」が登場する映画を無許可で作り上映したとして、円谷プロダクション(東京)が著作権侵害で訴えていた中国広東省の企業が、係争中にもかかわらず、新たに続編の映画を中国で公開したことが23日までに分かった。円谷プロは「当社の合法的権利を守るため、あらゆる法的措置を講じる」としている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング