住友重機械工業は24日、グループの製品検査データの改ざんが拡大していたと発表した。動く歩道で無資格検査も見つかった。 発表によると不適切検査などの件数は住友重機械工業で214件、住友重機械搬送システムで4件、住友重機械ギヤボックスで41件、住友重機械精機販売で29件。 住友重機械工業は24日午後3時から東京都内で別川俊介社長が記者会見し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング