写真

2018年の定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(右端)(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)

関西学院大アメリカンフットボール部の小野宏ディレクターは11日、悪質反則問題で当面中止とした日本大との定期戦について「19年度は予定していない」と述べ、安全を十分に確保するために2019年シーズンの再開はないとの意向を示した。関学大は昨年5月の定期戦において日大選手の悪質なタックルでクオーターバックが負傷した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング