サッカーのドイツ1部リーグ、ブレーメンが所属する日本代表FW大迫勇也の体調を考慮し、6月開幕の南米選手権に派遣しないと発表した件で、日本代表の森保一監督が15日、東京都内で取材に応じ「必要であれば(全ての選手を)招集できるよう技術委員会、サッカー協会にお願いしたい。私自身の構想は変わらない」と述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング