精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束を受けた入院患者が、2017年度に全国で1万2千人強に上り、6割は高齢者だったことが厚生労働省の年次調査で分かった。施錠された保護室に隔離された患者も1万3千人近くいた。17年度から調査方法が変わったため、過去と単純には比較できないが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング