過重労働が深刻な医師の働き方を話し合うシンポジウムが16日、東京都内で開かれた。厚生労働省が勤務医の残業規制の上限を最大「年2千時間」とする制度案を示したことに、過労自殺した医師の遺族は「医師も生身の人間だ。ほかの労働者よりはるかに長い残業を認めては、私と同じ経験をする人が必ず出る」と訴えた。 参加したのは埼玉県の医師、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング