写真

熊本城・飯田丸五階櫓の復旧工事で、約400年ぶりに姿を見せた石垣=19日午後、熊本市

2016年4月の熊本地震で崩れた石垣が1本の柱状に残ったことで知られる熊本城・飯田丸五階櫓の復旧工事が19日、報道陣に公開された。石垣の解体が進んだことで、約400年前の増築時に姿を消した古い石垣が確認され、市は「築城の歴史を示す貴重な資料だ」と評価している。 熊本市によると、確認された石垣は加藤清正により1599年ごろに造られ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング