北海道北見市の自民党支部に「爆破する」などと記した手紙を送り付けたとして、脅迫罪で在宅起訴された愛媛県西予市の男性被告(32)の判決で、釧路地裁北見支部(安木進裁判長)は20日までに「被告以外の第三者が手紙を送った疑いが払拭できない」として無罪を言い渡した。14日付。 判決などによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング