写真

記者会見する新井喜一元川越市議=21日午後、埼玉県川越市

埼玉県川越市の新井喜一元市議(69)が、30代の女性職員にセクハラやパワハラをしたと市議会の第三者委員会で認定された問題で、新井氏は21日、女性の主張は名誉毀損に当たるとして、330万円の損害賠償などを求める訴訟をさいたま地裁川越支部に起こした。 記者会見した新井氏は「ハラスメントの事実はない」と主張し、4月の統一地方選で実施される市議選への出馬も表明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング