写真

茨城県の大井川和彦知事(右)と面会する日本原子力発電の村松衛社長=22日午前、茨城県庁

日本原子力発電の村松衛社長は22日、茨城県庁で大井川和彦知事と面会し、東海第2原発(同県東海村)の再稼働方針を伝達した。地元同意手続きに立地自治体の東海村だけでなく水戸市など周辺5市も加わる全国初のケース。今後は6市村と県の判断が焦点だが、各首長は慎重な姿勢で、同意取り付けは難航するとみられる。 6市村と原電は昨年3月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング