写真

米アカデミー賞のトロフィー「オスカー像」を手にするスタンリー・ドーネン氏=1998年3月、ロサンゼルス(AP=共同)

スタンリー・ドーネン氏(米映画監督、振付師)21日、心不全のためニューヨークで死去、94歳。米メディアが23日報じた。 24年、サウスカロライナ州生まれ。10代でタップダンスのレッスンを受け、ニューヨークのブロードウェーで認められ映画界に。「踊る大紐育」で監督デビュー。「雨に唄えば」「掠奪された七人の花嫁」などの傑作ミュージカル映画を手掛け「ハリウッドミュージカルの王様」と呼ばれた。 オードリー・ヘプバーンさん主演の「パリの恋人」「シャレード」などでも監督を務め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング