千葉県野田市の小4女児死亡事件を巡り、文部科学省の永山賀久初等中等教育局長は15日の衆院文科委員会で、県柏児童相談所が2017年に栗原心愛さんを一時保護した後、「学校からの虐待情報が発端だった」と保護者に伝えていたと明らかにした。野田市も同様の内容を保護者に伝えていたという。 心愛さんは17年11月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング