【デリゾール県(シリア東部)共同】シリアのクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」のバリ報道官は19日、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討の最終作戦を行っているシリア東部バグズ村で、IS戦闘員や家族らが潜伏していた一帯を支配下に置いたと共同通信の取材に語った。報道官はIS完全制圧への「大きな前進だ」と強調した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング