飲料の自動販売機大手ジャパンビバレッジホールディングスが、2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられた後も、自販機を設置している取引先への販売手数料を据え置いたのは、消費税転嫁法違反(買いたたき)に当たるとして、公正取引委員会は20日、再発防止を勧告した。中小企業庁が8日に措置請求をしていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング