流出和牛受精卵の販売記録なし 牧場主、不正認識か

共同通信 / 2019年3月21日 17時26分

和牛の受精卵と精液が不正に中国に持ち出された事件で、大阪府警が受精卵などの流出元とされる徳島県吉野川市の牧場経営松平哲幸容疑者(70)の関係先から押収した販売記録に、持ち出された受精卵の記録がないことが21日、捜査関係者への取材で分かった。府警は松平容疑者が不正を認識し、隠蔽しようとした疑いがあるとみて調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング