虐待を受けるなど家庭に居場所のない少年少女の緊急避難先として、16都道府県に設置された民間の「子どもシェルター」17施設のうち、3施設が資金難や人手不足により閉鎖したか、受け入れを停止中であることが23日までの共同通信のまとめで分かった。他に3施設が過去に受け入れを停止したことがあった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング