写真

野生イノシシを媒介とした豚コレラの感染拡大防止のため、ワクチン入りの餌の埋設に向かう作業員=24日午前、愛知県小牧市

愛知県は24日、野生イノシシを媒介とした豚コレラの養豚場への感染拡大を防ぐため、県内の山林でワクチン入りの餌の埋設を始めた。野生動物へのワクチン投与は国内初。県は効果を検証しながら、来年2月にかけて計6回行う。 埋設するのは、感染イノシシを確認した同県春日井市など計60カ所。2日間で1カ所当たり40個ほどのワクチンを約100平方メートルの範囲で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング