自民党の岸田文雄政調会長は24日のBS朝日番組で、安倍晋三首相の党総裁連続4選を巡る議論を控えるべきだとの考えを示した。昨年9月に総裁選があったばかりだとして「3期目の任期が始まって、まだ半年しかたっていない。誰が見ても少し早い」と述べた。 二階派などから4選論が上がったことを踏まえ「首相自身も戸惑ったのではないか」と指摘した。岸田氏は次期総裁選に意欲を示している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング