無許可で取られたニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」を販売するなどで違法に約6億円の収益を得ていたとして、高知県警が昨年8月、高知市の会社を経営する40代の男性を高松国税局に課税通報していたことが26日、分かった。県警は会社の仕入れ先に暴力団が関与していた可能性もあるとみて捜査している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング