新潟県南魚沼市の関越自動車道で昨年9月、スマートフォンで漫画を読みながらワゴン車を運転し、バイクの女性をはねて死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた下山公堂被告(51)=同県上越市=の公判が15日、新潟地裁長岡支部(岩田康平裁判官)で開かれた。法廷では「考えられる限りの重い刑罰を」と訴える夫の供述調書が読み上げられた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング