【ソウル共同】韓国の弁護士が韓国外相を相手取り、2015年末の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意の交渉記録のうち、強制連行に関する協議内容を含む文書の公開を求めた訴訟で、ソウル高裁は18日、開示を認めた一審判決を取り消し、原告の逆転敗訴とする判決を言い渡した。 原告側は、合意に至る過程で日本側が強制連行を認めていたかどうかを確認するため訴訟を起こしていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング