【ソウル共同】2015年の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意の交渉記録の一部公開を、韓国の弁護士が政府に求めた訴訟で、開示を命じた一審判決を取り消す判決を言い渡したソウル高裁は18日、判決理由で「公開すれば、日本との信頼関係を損ねる」と指摘した。 日本との関係の重要性に配慮した形で、国民の知る権利に重きを置いた一審とは対照的な判断となった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング