池袋暴走事故で警視庁が実況見分 現場の都道、一部通行止め

共同通信 / 2019年4月22日 12時25分

東京・池袋で乗用車が暴走し、母子がはねられ死亡した事故で、警視庁は22日、現場の都道の一部を通行止めにし、実況見分した。 午前9時半ごろ、豊島区東池袋4丁目の都道で開始。旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)の乗用車が通過した路上の複数の場所に目印を置いて写真を撮影した。 松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)を亡くした真菜さんの夫は同日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング