事故直前の接触は縁石、池袋暴走 痕跡見つかる、動転か

共同通信 / 2019年4月23日 20時42分

東京・池袋で母子2人が死亡、8人が負傷した事故で、警視庁は23日、暴走した乗用車が一連の事故直前に道路左側の縁石にホイールを接触させていたと明らかにした。当初ガードパイプに接触したと発表していたが、その下にある縁石に痕跡があり、見立てを訂正した。 警視庁は、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が縁石に触れたことで動転し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング